【Linux】CentOS5でLet’s Encryptを使ってマルチドメインのSSL証明書を発行する

CentOS5でシステムを運用しています。2010年にリリースしたシステムです。
新しいOSに乗り換えるべきなんですが、いろいろと複雑な事情があり、もう少し延命しなければなりません。

このシステムのSSL証明書を、無料のLet’s Encryptで取得することになりました。
Let’s Encryptについての記事はこちら

SSL証明書は無料で取得できる時代に

また、同じサーバー上で、
本番環境の「www.ドメイン名」とステージング環境の「stage.ドメイン名」が動いており、
マルチドメイン証明書を取得することにしました。

しかし、OSが古いことが原因で、途中さまざまな壁にあたり、都度、対処が必要でした。

以下、備忘録です。

まず、Let’s Encryptを利用するために公式の「certbot」というツールがあるのですが、
これがCentOS6以降でないと使えません。
いきなりの壁です。

しかし、CentOS5でも使える「dehydrated」という非公式のツールがありますので
こちらを使ってSSL証明書を取得することにします。

dehydratedはgitでインストールしますが、
CentOS5では標準でgitはありません。
そこでgitのインストールから始めます。

CentOS5にgitをインストールするため、EPELリポジトリを追加します。

しかし、ここでまた問題が。
CentOS5は2017年3月31日でサポートが終了したため
公開していたミラーサイトからリポジトリが削除されています。

そこで、古いOSをyumリポジトリとして公開している

http://vault.centos.org/

というサイトがありますので
そこをyumリポジトリに追加してgitをインストールします。

を開きます。

という行がいくつかあります。
この行をコメントアウトし、代わりに次の行を追加します。

6箇所くらいあるので、それぞれ、上記の変更を行います。
私の環境はCentOS5.5ですので上記のディレクトリに「/5.5/」とありますが、
ここはバージョンによって適宜変更してください。

これでリポジトリが登録できたことになっているので、
yumでgitをインストールします。

gitがインストール出来たら、やっと目的のツール「dehydrated」のインストールです。

インストールできたら、さっそくdehydratedを使ってSSL証明書を取得してみます。

まず、一時ディレクトリを作成します。

次にApacheの設定ファイルを作成します。

dehydrated.confの内容は下記のとおりです。

ここまででApacheを再起動します。

次に、dehydratedの設定ファイルを作成します。
dehydratedをインストールした場所に移動し、

同じディレクトリにdomains.txtというファイルを作成します。

このファイルには、SSL証明書を発行するドメインを記述します。
このとき、行を分けて複数のドメインを記述すると
ドメインごとに証明書が発行されますが、
1行にスペース区切りで複数のドメインを記述すると
1つのマルチドメイン証明書として発行されます。

今回は目的だったマルチドメイン証明書の記述を行います。

最初に記述したドメインがコモンネームとなります。

そして、証明書発行の前に、アカウントを登録する必要があります。

Done!と表示されたら完了です。

いよいよ証明書の発行です。

Done!と表示されたら証明書の発行完了です。
準備が大変でしたが、あっけなく発行できました。

あとは、ApacheのVirtualHostの設定で
複数のドメインに対して証明書ファイルを設定します。

いろんな書き方があると思いますが
私はssl.confにすべて記述しています。

ssl.conf(一部)

Apacheを再起動して完了です。

あとは、自動更新の設定ですが、cronで以下のようなコマンドを実行するだけです。

これで証明書の更新も勝手にやってくれます。たまにログは確認しましょう。

これでCentOS5でもLet’s Encryptでマルチドメイン証明書が利用できました。
無料ってのがすごいですね。



※このブログの技術情報は自身の備忘録として残したものですので、あくまで参考情報としてご覧ください。また、情報が古い可能性があることにご注意ください。